スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死体が走っちゃだめだろ~(;′Д`) ダイアリー・オブ・ザ・デッド 

カテゴリ:ゾンビ映画

ブロガーたるもの、
なにがあっても書き続けなければなりません....
更に
書き込んだ情報が、たとえ1人の人にでも役に立ってもらえれば.......(;′Д`)

ということで、
役立つ情報はないかな~(´ω`;)...
昨日はなにしたかな~
なんにも覚えてないな~
そういえば、『極上!!めちゃモテ委員長』見たな....
極上!!めちゃモテ委員長 (1) (ちゃおコミックス)極上!!めちゃモテ委員長 (1) (ちゃおコミックス)
(2006/06/30)
にしむら ともこ

商品詳細を見る

注:高校でクラス委員長を努める北神未海が友人の悩みをおしゃれなアドバイスで解決していく痛快高校ライフを描いた物語です。

今回のめちゃモテミラクルチェンジ大作戦は、
ふんわり桜色ラブパワーミッションヽ(‘ ∇‘ )ノ
委員長いわく、
大切なのは、自分と相性のいいピンクを選ぶことですわヽ(‘ ∇‘ )ノ !
色白の人は、ローズピンク。
小麦色の人は、オレンジピンク。

さすが!委員長┌┤´д`├┘!

ためになるな~(;′Д`)

私もローズピンクのシャツでも着るか.....(;′Д`)

前ふりが長くなりましたが、本日の映画は
ゾンビの情報をネット配信するために.....
何があってもカメラで撮り続けた悲しい男の物語です.....

ダイアリー・オブ・ザ・デッド(2007)
DIARY OF THE DEAD

ダイアリー・オブ・ザ・デッド プレミアム・エディション [DVD]ダイアリー・オブ・ザ・デッド プレミアム・エディション [DVD]
(2009/04/24)
ミシェル・モーガンジョシュ・クローズ

商品詳細を見る

監督: ジョージ・A・ロメロ
製作: ピーター・グルンウォルド 他
脚本: ジョージ・A・ロメロ
出演: ミシェル・モーガン/デブラ
ジョシュ・クローズ/ジェイソン
ショーン・ロバーツ/トニー
エイミー・ラロンド/ トレーシー
ジョー・ディニコル/ エリオット
スコット・ウェントワース/ アンドリュー
フィリップ・リッチョ/ リドリー
クリス・ヴァイオレット/ ゴードー
タチアナ・マスラニー/ メアリー
ジョージ・A・ロメロ/ 警察署長
声の出演: ウェス・クレイヴン 、スティーヴン・キング他
【概要】
ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロが放つサバイバル・ホラー。
世界各地で死者が蘇り人間を襲っている、というニュースを聞いた映画撮影中の学生グループが、様々なメディアの情報が錯綜する中で迫り来る終末的惨状を目の当たりにするさまを、主人公たちの主観撮影によって臨場感あふれるドキュメンタリー・タッチで描く。




【ストーリー】
●ジェイソンら映画学科の学生達は卒業映画制作のため、ペンシルヴェニア州の山奥でホラー映画を撮影していた。

●題材はミイラ男!
●包帯でグルグル巻きにされたミイラ男が、逃げる金髪美女を追いかける....
●ミイラ男が金髪女を捕獲!

カット~(;′Д`)!

あのさ~(;′Д`)
ミイラは死んでるんだからさ~

死体が走っちゃだめだろ~(;′Д`)

あと、服を引っ張るだけでいいんだよ~
そして、金髪美女のオッパイがポロリするだけでいいんだよ~

●ジェイソン監督の強烈なダメ出し!に戸惑う学生たち.....
●だがその時、ラジオから衝撃のニュースが流れる。
それは、世界中で死体が蘇り、人間たちに襲いかかっているという信じられない内容だった。

●家族のことが心配になった一行は、撮影を中断して車で実家に戻ることに.....
●俺の家は要塞みたいに頑丈だぜ~ミイラ男役のリドリーは女と2人でオープンカーで実家に.....
●残ったメンバーは運転手で神経質そうな女メアリーのキャンピングカーでジェイソンの彼女で大して可愛くないデブラの実家の方に向かうことに.....
他のメンバーはヒロイン役の金髪女トレイシーとその恋人ゴードー、彼らの学部の教授の他2~3人の男女。

●ニュースでは事態は沈静化に向かっているとの情報が流れている一方、インターネット上の動画共有サイトでは、凄惨な現場の映像が次々に流されていた。

●ジェイソンは、少しでも世界の人々を救えれば?と、この状況をビデオカメラで克明に記録して、ネットを通じて全世界に伝えることを決意する。

●車で郊外に向かう一行、と横転した車が道を塞いでいた、そこをヨロヨロ歩く警官!
様子がおかしい??と強行突破するメアリー
更に2、3人のヨロヨロ歩く男!
男を車で撥ねるメアリー.....

●カメラを撮り続けるジェイソン君

●しばらく進み野原で休憩する一行、
メアリーは人を轢いたショックから落ち込んでいる。
そしてメアリーは銃を取り出し自殺を図る....
が未だ息はあった....

●一行はメアリーを病院に搬送、

●カメラを撮り続けるジェイソン君

●病院に着くが、病院には誰もいない.....
いったいどうなっているんだ??
病院内を探索する一行.....

●カメラを取り続けるジェイソン.....

そして、手術室に行くと..........

ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!

●なにがあってもカメラを撮りつづけるジェイソン君!

●徐々に人数を減らしながら旅を続ける一行.....
・耳が悪くて喋れないサミュエルと出会い、
・自警団と出会い、
・デブラの実家に行き、
・略奪者と遭遇!

●何が起ころうとカメラを撮りつづけるジェイソン君

ジェイソン:見てみろよ!
さっきの動画、数分で8万ヒットだぜ(゚ρ`)ニヘニヘ!

(;′Д`)

鬼や...
鬼や....

あんさんは鬼や(;′Д`)!

あんさんは、カメラの鬼や_(゚◇、゚;)ノ~ !

●一行はミイラ男役のリドリーの家に辿りつくが......

●相変わらずカメラを撮りつづけるジェイソン君(;′Д`)!


【感想】

①ロメロと言えば

●実質的なゾンビのスクリーンデビューとも言える
「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生」 (1968)
これはゾンビ対人間の局地戦を描いたホラー映画の傑作傑作、その想像を絶する世界観はカルト映画という総称を生むほどの衝撃でした。
ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド デジタル修復版 [DVD]ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド デジタル修復版 [DVD]
(1998/09/25)
ジュディス・オディア

商品詳細を見る


●そして、イタリアンホラーの巨匠、ダリオ・アルジェントと組んだ
「ゾンビ」 (1978)
これはゾンビ映画史上の最高傑作と言われる作品!
私の一番好きな映画でもあります。
ゾンビに地上を支配されるという想像を絶する世界、作家性の強いロメロならではの見事な世界観を表現してましたね......
スマイルBEST ゾンビ 米国劇場公開版 [DVD]スマイルBEST ゾンビ 米国劇場公開版 [DVD]
(2007/12/21)
不明

商品詳細を見る


●更に、ゾンビにより人類が滅亡された後の世界を描いた
死霊のえじき (1985)
これは、ゾンビで全精力を使い果たしたのか、新たな新規軸は感じられない焼き直し感が強い仕上がり、T・サビーニのSFXの見本市のようなテクニックだけが冴え渡った作品でした。
死霊のえじき 完全版 [DVD]死霊のえじき 完全版 [DVD]
(2004/10/22)
ロリー・カーディルテリー・アレクサンダー

商品詳細を見る


●その後、28日後のダニーボイル等の走るゾンビの活躍を苦苦しく思ったのか、
「ランド・オブ・ザ・デッド 」(2005)
を発表、さすがはロメロと感嘆させられる部分もありましたが、内容的にはゾンビの焼き直し感が強かったですね。

そして、ダイアリー・オブ・ザ・デッド (2007)の登場となるわけですが、なぜにPOV方式にしたのかな~

②POV方式

こういうハンディカメラによるドキュメンタリー形式の映画と言えば......

●始まりはやっぱり、食人族でしょうか.....
食人族 [DVD]食人族 [DVD]
(2009/05/15)
ロベルト・ケルマンルカ・パルパレスキー

商品詳細を見る


●有名になったのはやっぱ、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」からか....
私は「ブレア・ウィッチ・プロジェクト2」の方が好きだな~
ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版 [DVD]ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版 [DVD]
(2000/04/28)
ヘザー・ドナヒュー

商品詳細を見る


●最近、この方式は人気ですね、グローバーフィールドとか、RECとか、
「バトルフィールド・オブ・TOKYO」とか.......

●こういう作品は脚本やセリフ構成なんかが手抜きできるので作りやすいのでしょうね

●POV方式で一番いやなのが、手振れ画像!
私のようなオリオン社製14型ブラウン管テレビで見ているものにはキツイ!
酔います(;′Д`)!

●が、さすがはロメロ爺!編集と言う工程を映画中でに加えることにより大変見やすかったし、分りやすい構成になっておりました。
さすがやな~(*´ρ`*)!!

【感想】
●ショッカーホラーとしてみるなら、「REC」の方が上かと思いますが、「REC」がYou Tubeのパニック映像を延々と見せられている感じなのにたして、本作はストーリー構成や人物描写、絵の構図やセリフ回しなどすべてがしっかりしていて映画を観ている!という感じに引き込まれます。
さすがはロメロ爺!旨く分りやすく丁寧に映画を作るって、簡単そうでも難しい技術ですよね~
どっぷりロメロの世界観に浸れますよ~
REC/レック スペシャル・エディション [DVD]REC/レック スペシャル・エディション [DVD]
(2008/11/28)
マニュエラ・ヴァラスコフェラン・テラッツァ

商品詳細を見る


●内輪喧嘩やエゴのぶつかり合いなどで、大きく時間を割かれてしまうゾンビ映画が多い中、淡々とストーリーを進行させる手法は好感が持てます。
出演者も大人ですね~、バカな行動を取る奴も無く好感が持てました.......
なにがあってもカメラを撮り続けるジェイソン君を除いては......

だれか止めろよ~(;′Д`)

●なんでこんな時期にロメロが映画を撮ったのか不思議感じがしました。
それほどの題材では無いような感じがしますね。
たぶんロメロが伝えたかったのは、

走るゾンビはゾンビじゃない!

と世に溢れる走るゾンビ映画に釘を刺したかったんでしょう~

冒頭のジェイソン君の言葉「死体が走っちゃだめだろ~」という言葉に集約されている感じがしませんか~(´ω`;)?


(評価)
70点/100点

これまでの作品に順位をつけますと...
第1位: 1408号室
第2位:プロジェクト・グレイ-宇宙人地球侵略-
第3位:デイ・オブ・ザ・デッド
第4位:ダイアリー・オブ・ザ・デッド
第5位:デッド・メアリー 鮮血浴
第6位:ダーク・フロアーズ
第7位:怪談新耳袋 絶叫編 上 ぶぅん
第8位:地球が凍りつく日
第9位:ハプニング
第10位:レッド・サンズ 呪われた兵士たち
第11位:11:46
第12位:JIGSAW ルール・オブ・デス
第13位:呪怨車 JUON SHA
第14位:第14位:ワン・ミス・コール
第15位:ゾンビ2009
第16位:プラネット・オブ・エイリアン


にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
ブログパーツ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gogogen1981.blog115.fc2.com/tb.php/65-dab0ea89

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。