スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりで見ちゃだめなのかよ~ 「サスペリア(1977)」 

カテゴリ:オカルト映画

サスペリア・テルザ 最後の魔女」見に行きたかったけど....(;′Д`)
家の近所じゃやってないのよね~
ということで、旧作をレビューするのだ!!!!


サスペリア(1977)
SUSPIRIA

サスペリア [DVD]サスペリア [DVD]
(1998/10/25)
ジェシカ・ハーパー

商品詳細を見る

監督: ダリオ・アルジェント
製作: クラウディオ・アルジェント
製作総指揮: サルヴァトーレ・アルジェント
脚本: ダリオ・アルジェント
ダリア・ニコロディ
撮影: ルチアーノ・トヴォリ
音楽: ゴブリン
ダリオ・アルジェント
出演: ジェシカ・ハーパー (スージー・バニオン)
アリダ・ヴァリ(タナー)
ジョーン・ベネット(マダム・ブラン)
ステファニア・カッシーニ (サラ)
<概要>
ニューヨークからドイツのバレエ寄宿学校に勉強にきた少女スージー(ジェシカ・ハーパー)。しかし、その学校で連続して謎の殺人事件や怪奇現象が多発していく。
イタリアン・ホラーの鬼才ダリオ・アルジェント監督の名前を一躍全世界にとどろかせたショッキング・ホラーの大ヒット作。



【ストーリー】

●バレー留学のためにアメリカからやってきたスージはドイツのとある空港にいた。

●雷鳴が鳴り響く土砂降りの中、スージーはびしょ濡れになりながらようやくタクシーをひろう。
「バレエ学院まで~(;′Д`)」
その時、無愛想な運転手の後頭部付近に何かが写る!!┌|゚□゚;|┐!

●やがて到着したバレエ学院はなんとも怪しい赤い館!
その建物の玄関では、女生徒が何者かに追われているかのように怯えながら、何か叫んでいた。


「秘密のドアが.....
アイリスが三つ......
青いのを回すのよ..._(゚◇、゚;)ノ~ 」


豪雨の中、女生徒は何かから逃げるように木立の中を走って逃げていく.....

●スージーは玄関に走り寄り、入館をお願いする!が、インターフォーン越しに拒絶される....
しょうがなくタクシーで引き返すスージー...
森の木立の中には、狂ったように走る先ほどの女生徒の姿が....┌|゚□゚;|┐!!!!

●友人のアパートにたどり着いた女生徒、友人の部屋に入り多少落ち着きを取り戻しシャワーを浴びようとするが...

ふと、窓の外の闇の中に何かの気配を感じ窓に目をやると何ものか?の目が!!!!

そして!!!

ビヨン!ビヨン!ビヨン!┌|゚□゚;|┐ギョェー!!!!

●翌日、バレエ学校を訪れたスージー、ようやく入学を許可される。
その学校には女理事長のマダム・ブランク、主任教師のターナー女史、盲導犬に引かれる盲目のピアニスト、不気味なルーマニア人パブロ等怪しい面々がいた.....

●早速レッスンに励むスージーだがレッスン中に貧血で倒れてしまう、
医師の診断によりスージーの食事には赤い葡萄酒がつくようになる。
それを飲むとスージーはいつも眠くなってしまうのであった.....

●スージーは、サラという女生徒仲良しになり、学院の様子をこと細かく知るようにる。

●その後スージーの周辺では更なる怪奇な事件が頻発!
・天井から落ちてくるうじ虫!
・夜中に漏れてくる不気味な呻き声!
・突然凶暴になり少年に噛み付く盲導犬!
・ピアニストのダニエルの謎の死!
・突然消える友人!
「この学校には何か邪悪なものが潜んでいるヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!」
スージーはこの学院の謎を調べていくが......


【感想】
①「決して、一人では見ないでください!」
この映画は、私が生まれて始めてみたホラー映画なんですね~
キャッチコピーはあまりにも有名です

「決して、一人では見ないでくださいヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!」

恐ろしいですね~

更に!

これが「サスペリアPART2」になると.......

「約束です!決して ひとりでは見ないでください_(゚◇、゚;)ノ~」

ですからね~
サスペリア2 完全版 [DVD]サスペリア2 完全版 [DVD]
(1998/10/25)
デビッド・ヘミングス

商品詳細を見る


まあ、映画会社が言いたいのは

私のように、

一人ぼっちの人間はみるな(;′Д`)!
ということでしょうか?

こんな約束してたら一生この映画観れないよ┌┤´д`├┘

なんと横暴な映画配給会社なのでしょうか!!

②魔女3部作!
イタリアホラー映画の巨匠、ダリオ・アルジェントの代表作です。
同監督の魔女3部作の1作目にあたる、「溜息の母」編です。
ちなみにあとの2本は、
「インフェルノ」(暗黒の母編)
「マザー・オブ・ティアーズ」(涙の母編)
魔女物と言えば.....
最近ではブレア・ウイッチ・プロジェクト1、2とかが思い浮かびますね~
あと思い浮かぶのって
「奥様は魔女」のサマンサとか
大食い女王の魔女菅原さん!
元アナウンサーの山本モナさん!
あ、モナさんは魔性の女でしたね~
モナさんにいたぶられたい!!
ブレア・ウィッチ2ブレア・ウィッチ2
(2001/02/21)
サントラニッケルバック

商品詳細を見る


③薄幸の美少女
主演のジェシカ・ハーパーさん、
デ・パルマのファントム・オブ・パラダイスのヒロイン役が思い出されますね~
あれも悲劇のヒロインでした。
ジェシカさんと言えば
線が細く、
鳥顔!
いかにも神経質そうですね~
まるで、


梅図かずおのホラー漫画に出てきそうな顔立ちですね....

見るからに薄幸そう(;′Д`)!

更に無理やりバレエなんて踊らせちゃったりして!
こういう美少女をいたぶるの、ダリオさん本当に好きですね~
ダリオさん!良い趣味してまんな~

④感想

いいぃ~ですね~(*´ρ`*)!!

大音量で奏でられる
プログレロックバンド ゴブリンのサウンド!!!
ホラー映画史上もっとも怖い映画音楽だと思ってます!

これだけでも充分怖い!!┌|゚□゚;|┐

さらに!に赤や青や緑のライティング、原色バリバリの建造物などの映像効果も相まって、オカルティックな雰囲気満点ですぞ!

映画全編に渡って怖い雰囲気がビシビシ伝わってきますな!!
そう、この映画はオカルティックな雰囲気!を味わうための作品なんですね~
もう、冒頭の空港の自動ドアが閉開するカットだけで充分怖いです~
もう芸術の域ですね~
ブラボー┌┤´д`├┘!

まあ、ストーリーは2の次って感じですが、同じイタリアの犬猿の監督、ルチオ・フルチ爺さんの作品と比べると充分分りやすい作品ですよ。
私評価90点!大傑作です!

ブログパーツ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gogogen1981.blog115.fc2.com/tb.php/53-29f08fac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。