スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11:46 

カテゴリ:2009年レンタル作品

2009年に見た映画シリーズです......
現在第1位はプロジェクト・グレイ-宇宙人地球侵略-!で~す、
プロジェクト・グレイは首位の座を守れるのでしょうか?
プロジェクト・グレイの首を狙って世界各国から挑戦者が殺到してます~ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!
今回の挑戦者はなんと!カナダからで~す.....(;´Д`)!


11:46

1146.jpg

11:46 [DVD]


監督 : モーリス・デヴェロー
出演 : イロナ・エルキン , ニコラス・ライト , ティム・ロゾン , ニール・ネイピア

闇の地底を逃げ惑う恐怖を描いた地下鉄クリーチャーホラー。多忙な1日を終えて帰路についた看護師・カレンは、地下鉄に乗車して間もなく停電に見舞われる。停車した真っ暗な電車の中で、彼女は奇怪なクリーチャーに襲われる幻覚を見てしまい…。
2007年 ホラー 洋画 カナダ

【ストーリー】
●看護師のカレンは不気味なクリチャーの幻影に悩まされていた。
●ある日、カレンは仕事を終え地下鉄のホームで電車を待っているとウザい男(パトリック?)に絡まれる。
●そこにマイクというさわやかな青年が現れ難を逃れる.....
●カレンが地下鉄に乗っていると、突然停電になり電車が緊急停車。
( ̄◇ ̄)キキキキキ~
●カレンは電車の外にクリチャーの幻影を見る。
●すると、カレンの車両にマイクとベティという老女がやってくる。
●電車の外では誰かが徘徊しているようだ........
●その時、ベティのポケベルが鳴る!ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!
●すると彼女の様子が豹変!ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!
●突然十字架の短剣を振りかざしマイクの背中を刺す!ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!
●車内では、同じように十字架の短剣を振りかざす乗客が暴れだし、次々に人を殺しだす!
●カレンとマイクたちはトンネル内を逃げ惑い、地下鉄の制御室に逃げ込む!
●いったい、十字架を振りかざすものたちは何者なのか????

【感想】
●いや~
意外な展開の話でした~!
ストーリーも脚本も練ってある感じがしました
●おばさんが十字架の剣を抜いたあたりは、
どうなっちゃうの??ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!
という感じで、前半の展開は非情に興味をそそがれましたね~
●ジャケの写真を見る限り、オカルト系の話だと思っておりましたが、
●まさかそういう話だったとはね~!( ̄◇ ̄)ポケー.....


------ネタバレになってしまいますが(;´Д`)ゲゲゲ------


●そう、宗教集団が暴走する話だったんです.....意外でした。
●宗教集団と地下鉄の乗客達が地下鉄構内で決死の攻防!
更に、宗教集団はTV放送を乗っ取るほどの大規模な襲撃をしかけていたんですね~

●どうにも、人間が人間を襲う映画は苦手です~
●少年の信者のくだりとかは見ていて辛かったっす、
●あと変態信者のパトリック!ウザかったすね~
この!チェリーボーイが゛(`ヘ´#) ケッ!

●ということで、チョット見る気を失いつつ........
くやしかったら、
ゾンビとか悪魔とかエイリアンでも出してみろよ(`◇´メ)!!
とか思って見ていると.....
最後の最後に意外な展開になっていくんですね.....
●モーリス監督(´_`。)グスン

遅すぎるよ~!!(`◇´メ)キキキキ~!!

●まあ、最後にこういう展開になるのなら、
この宗教集団がなぜに、急に人を襲いだしたのか?
そのあたりの背景説明が無かったのが悔やまれるな~
●宗教集団系といったら、ディーン・R・クーンツの小説「邪教集団トワイライトの追撃」の映画化作品、スティグマ 邪神降臨は面白かったな~

(評価)
56点/100点
これまでの作品に順位をつけますと...
第1位:プロジェクト・グレイ-宇宙人地球侵略-
第2位:デッド・メアリー 鮮血浴
第3位:ダーク・フロアーズ
第4位:怪談新耳袋 絶叫編 上 ぶぅん
第5位:11:46
第6位:JIGSAW ルール・オブ・デス
第7位:ワン・ミス・コール
第8位:ゾンビ2009



にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gogogen1981.blog115.fc2.com/tb.php/24-4865c469

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。