スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行きつけのレンタル店が荒れている 着信2 

カテゴリ:Jホラー

最近行きつけのレンタル店が荒れている。
特に心霊ドキュメンタリーコーナーの陳列棚だ!

私は、レンタルする時は必ず2本借りるようにしているのだが、それは目当てのホラー映画と、つまらなかった場合の保険として「本当にあった呪いのビデオシリーズ」を一緒に借りるからだ。
ほんとにあった!呪いのビデオ36 [DVD]ほんとにあった!呪いのビデオ36 [DVD]
(2010/03/05)
中村義洋(ナレーション)

商品詳細を見る

※これは怖いヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!

今回も着信2がつまらなかった場合の保険として呪いのビデオシリーズを借りようと心霊ドキュメントコーナーを物色していると、

1から40数巻まで並んでいるべきタイトルが所々なくなっているのだ......

良く探してみると、一般のドキュメンタリーコーナーにタイトルを裏返しにされて挿入されたりしている、

良く見るとあってはならないAVまでが挿入されている....

これは単なるいたずらなのか?

それとも、呪いのビデオを視聴したものが霊傷によりそうさせられてしまったのか???


いずれにしろ、犯人探しとなった場合、最初に疑われるのは私であろう....

それは、これまでのレンタル履歴を見れば一目瞭然である.....

足早にレジに向かうと、人妻風の店員が腫れ物を触るようにレジを打つ....

そうとう怪訝な様子である....

疑われているのか(;′Д`)?

それとも人妻ナンパものAVのせいなのか(;′Д`)!!



着信2 [DVD]着信2 [DVD]
(2006/12/20)
高瀬アラタ、林田麻里 他

商品詳細を見る

引用
内容紹介
「そこに 行っては いけない」…始まりはあの男からの着信だった。
大ヒットを記録した前作「着信」に続く、ジャパニーズ・ホラー最新絶叫作!
待望のセルDVD化決定!

【作品概要】

前作「着信」に続くジャパニーズ・ホラー最新作! 呪いの叫びが再び木霊する。
あるストーカー事件の調査の中で、一人の探偵が体験する謎に満ちた呪いの世界を斬新な映像スタイルで描く。 先の読めないストーリー展開、そして驚愕のホラー映像が見る者を恐怖のどん底に叩きつける。大ヒットを記録した前作「着信」を凌ぐ絶叫ドラマ。

ある若い女性からストーカー調査の依頼を受けた一人の探偵。調査を進めるうちに執拗なまでに依頼者への嫌がらせを続ける若い男が捜査線上に浮かぶ。探偵は張り込み、そのストーカー行為の様子を克明にビデオに記録し始めた。決定的な証拠を手に入れた探偵はついに男に詰め寄るが…数日後、彼は廃屋となったホテルの一室で自殺を遂げていた。調査の終了を伝えようとした探偵だったが、突然、依頼者の女性は奇怪な行動を取り始める。

[STAFF]
構成・演出:金森 保「私立探偵濱マイク(TV)」「弟切草」
プロデューサー:石毛栄典「JUNK FOOD」「リムジンドライブ」
撮影:石井城治
編集:大重裕二

[CAST]
高瀬アラタ「ここに、幸あり」
林田麻里「スウィングガールズ」「誰も知らない」
丹羽真矢



【感想】

大ヒットを記録した前作「着信」に続く、ジャパニーズ・ホラー最新絶叫作というコピーに惹かれました

そんなに前作がヒットしたのかな~

冒頭の高速道路を富士山方面?にどんどん進んでいくカットは、なんか期待感を持たせてくれて良いんですけど...

探偵の回想録的に進む展開もGOO!

だけど、それだけ、

探偵のつたない語りと、

探偵が2名の男女をビデオで隠し撮りした、ストーカーの日常と、ちょっとだけサイコな映像が挿入されるだけで、

まったく面白みのない超低予算作品でしたね.......

手、抜きすぎな感じがしました

怖くないというか、あまりにも退屈です....

【評価】

★ 1つ星! 

早送りボタンが離せません!(;′Д`)??

2011年に見た映画ランキング
1位:30デイズ・ナイト
2位:パラノーマル・アクティビティー2
3位:パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYO NIGHT
4位:スペル
5位:フォース・カインド
6位:悪霊の餌食
7位:ダーク・ハウス 戦慄迷館
8位:ミッドナイト・ミート・トレイン
9位:着信2
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gogogen1981.blog115.fc2.com/tb.php/123-72344634

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。