スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダーク・ハウス 戦慄迷館 

カテゴリ:オカルト映画

日本語吹替えないけど、頑張ってみるぞ~(;′Д`)

ダーク・ハウス 戦慄迷館 [DVD]ダーク・ハウス 戦慄迷館 [DVD]
(2011/05/27)
ジェフリー・コムズ、ミーガン・オリー 他

商品詳細を見る

ダーク・ハウス 戦慄迷館
出演: ジェフリー・コムズ, ミーガン・オリー, ダイアン・ルイーズ・サリンジャー, べリン・プリンス, マット・コーエン
監督: ダリン・スコット


引用

内容紹介
全世界No.1 ホラー映画誌“ファンゴリア”が認めたエンタテインメント
最新&迫力のSFXシーン満載で描く、“ホーンテッド・ハウス<オバケ屋敷>”ホラー最震作!!

★クオリティ保証!全世界No.1ホラー映画誌“ファンゴリア”が主催した映画祭:Fangoria Frightfestで上映!!

★ホラーファン興奮必至!主演は、大ヒットホラー「死霊のしたたり」のDr.ウエスト役:ジェフリー・コムズ!!
大ヒットホラー「死霊のしたたり」のDr.ウエスト役でスクリーンに登場以来、ホラー映画ファンの心を掴んで離さず、その後も数々のホラー映画にキャスティングされて来たジェフリー・コムズ。
その彼が、Dr.ウエスト役を彷彿させる“キレてる”キャラクターで登場する。

★インパクト十分のホラー・キャラクターが次々登場!参加気分を味わえるアトラクション型ホラー映画!!
町の中に突如出来上がったオバケ屋敷にやって来た若者たちが、本物の化け物に襲われる。
ゾンビや吸血鬼、マッドサイエンティストにシリアル・キラー等々。インパクト十分のホラー・キャラクターが次々登場し、観る者を恐怖のドン底に突き落とす。
迫力満点の最新のSFX映像も見所の1つ。そして予想できない衝撃のラストも、ホラー映画ファン納得の展開。

【ストーリー】
ある屋敷で気が狂ったおばさんが、7人の子供達を殺すという猟奇殺人事件が発生。その犯行現場の直後を目撃したためトラウマを抱えてしまったクレア。
そんな彼女も14年経ち、女優を夢見る演劇学校に通う学生に成長した。その日は、芝居の稽古のため講堂に仲間たちと集まっていた。
そんな彼女達の前に、一人の男が姿を現す。その男とは、自らを“ホラーの帝王”と名乗り、オバケ屋敷アトラクションを数々作り大儲けしているウォルストン(ジェフリー・コムズ)という男だった。
彼は、今度作るオバケ屋敷に必要な俳優達をスカウトしに来たというのだった。その今度作るオバケ屋敷というのが、クレアが殺人現場を目撃した、まさに(!)その屋敷だった。

【キャスト】
ジェフリー・コムズ(「死霊のしたたり」「さまよう魂たち」)
ミーガン・オリー(「ダブルブロンド」)
ダイアン・ルイーズ・サリンジャー(「レストストップ デッドアヘッド」)
べリン・プリンス
マット・コーエン(「ブギーマン2 憑依」)

【スタッフ】
監督&脚本:ダリン・スコット
制作総指揮:チャールズ・メランダー
制作:ニック・アラン&マーク・ソノダ
特殊効果:メーガン・アレフォード




【感想】

お化け屋敷に本物のお化けが!

というようなありがちな設定です...

TATARIあたりに近い感じですかね....

TATARI タタリ [DVD]TATARI タタリ [DVD]
(2007/09/26)
ジェフリー・ラッシュ、ファムケ・ヤンセン 他

商品詳細を見る


このお化け屋敷は、3Dホログラムを使ってゾンビとか殺人鬼とかが襲ってくる仕掛けなんですが、

それが悪霊に乗っ取られて現実化しちゃうような設定せす...

話のテンポも良くて、サクサク見れちゃう感じで良いんですが....

ちょっとコメディ入っちゃってるポイ作風なので、あんまり怖くないです。

緊張感にかけるよな~

CGポイお化けも怖くないし、

後半に出てくるおばあさんも、生きているんだか?死んでいるのか?分らないような容姿なので、

見せ場であろうヒロインとの格闘シーンなんて、

遺産協議で揉めてる孫とお婆さんが喧嘩しているようにしか見えないよな~

ヒロインも魅力ないし.....

パツキンの岡本夏生似のねーちゃんのムフフな展開に期待してましたが、

ギディ―岡本夏生写真集ギディ―岡本夏生写真集
(1991/06)
平地 勲

商品詳細を見る


残念!ありませんでした...(´_`。)グスン

【評価】

★★☆ 2.5つ星! 
コタツでみかん食べながら見るにはいいかも(;′Д`)??

2011年に見た映画ランキング
1位:30デイズ・ナイト
2位:パラノーマル・アクティビティー2
3位:パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYO NIGHT
4位:スペル
5位:フォース・カインド
6位:悪霊の餌食
7位:ダーク・ハウス 戦慄迷館
8位:ミッドナイト・ミート・トレイン




スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gogogen1981.blog115.fc2.com/tb.php/122-b335c0f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。