スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝室のドアは閉めろよ~ パラノーマル・アクティビティ 

カテゴリ:オカルト映画

POV方式(主観撮影)の映画ってあんまり気が進みません(´_`。)グスン
いわゆるホームビデオカメラでだらだら撮った様な作品です....

ですが、

友人に誘われるがままに映画館まで行ってしまいました......

結構話題になってますよね.....この映画。

公開初日の第1回目の上映!

さぞ混んでいるかと思いきや!

約、10%の入りでした(;′Д`)!



だいじょうぶかよ(;′Д`)!

この映画!というよりは、

この映画館(;′Д`)!

いつきてもガラガラだぞ~(;′Д`)





パラノーマル・アクティビティ
パラノーマル・アクティビティ [DVD]パラノーマル・アクティビティ [DVD]
()
不明

商品詳細を見る

監督:オーレン・ペリ
キャスト:ケイティ・フェザーストーン、ミカ・スロート
2009年アメリカ・ホラー
http://www.paranormal-activity.jp

【ストーリー】
●デイトレーダーのミカ(男)と教師を目指す女学生ケイティは一軒家で暮らしていた。
●少女の頃からケイティの周りにはラップ現象や寝ている間に物の場所が変わっているなどの不可思議な心霊現象が続いていたが、さして気になるほどでもなく平穏に暮らしていた。

●ある日、ミカは自分たちの家に起こっている心霊現象を捉えるため、ビデオカメラを購入、生活の一部始終をビデオカメラで撮影することにする。

●その日を境に心霊現象は激しくなってくる.......
どうやら、そいつは、ビデオカメラで撮影されることを嫌がっているようだ......

●ミカは毎晩、寝室にビデオカメラを設置し、二人が眠っている間に何が起こっているのか?を記録し続ける。
ビデオカメラには、人間の唸り声のような音声や足音、自然と閉まるドアなどの心霊現象が写っていた。

●二人は心霊現象に詳しいフレデリック博士に相談するが、博士いわく、ケイティは悪霊にとり憑かれており、引越しをしたとしても無駄だという........
博士から悪霊に詳しい専門家を紹介されるが彼は現在海外出張中らしい.....

●ミカはウィジャ・ボード(霊と交信するため文字のかかれたボード)による霊との交信を試しみようとすが、ケイティーの反対により断念する....

リビングに放置されたウィジャ・ボードは.......!!

ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!

●心霊現象は日ごとに激しさを増す!
天井を乱暴にたたくような音がして、天井に目をやると天井の板がずれていた!
ミカは脚立を持ってきて天井裏を探索する。
すると.......

そこには、あるはずの無いものが置かれていた┌|゚□゚;|┐!

ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!

●二人は再びフレデリック博士を招くが......
フレデリック博士は玄関に入るなり尋常でない霊力に恐れをなし、逃げるように帰ってしまう........

果たして、ケイティーとミカの運命は!!


【感想】
●この映画、だいぶ話題になってますね
ものすごく怖いらしいと評判だったので、映画館も大変なことになっているんだな~と期待してました.....

(1)劇場の雰囲気(;′Д`)!
●「リング/らせん」の時はリングのエンドロールが終わった瞬間劇場がざわめいたものです!
ヽ(ヽ゚ロ゚):怖すぎだよ~!「らせん」どうする?
(;′Д`):怖いから見ないで帰ろうよ~

●「呪怨」の時は、大量に押しかけられた女子高生の影響でおばけ屋敷状態!
悲鳴と笑い声が交錯するというなんともいえない大盛りあがり状態でした(;′Д`)!

●今回は客の入りが悪すぎた影響からか、誰一人として声をあげないという寂しい結果でした(´_`。)グスン

まあ、ホラーとしてはちょっと地味な仕上がりな感じがしました、
でも評判に違わず後半は私、ビビリました.....┌|゚□゚;|┐

(2)POV方式
●POVの良いところは主人公と同じ視点で話しが進むため、臨場感溢れる恐怖が味わえるところだと思います。

●悪いところは親戚の家で無理やり見せられる子供の運動会のビデオのごとく、不用と思われるシーンが編集されてなく、また、見たいところが切れてたり、良い視点から撮影されて無かったりするところですかね~
更に手振れの嵐(;′Д`)!
こういうところ、ストレスがたまります。
こんなの映画じゃね~゛(`ヘ´#) !と思う方も多いでしょう。

●前にも書きましたが、こういうハンディカメラによるドキュメンタリー形式の映画と言えば......
始まりはやっぱり、食人族でしょうか.....
食人族 [DVD]食人族 [DVD]
(2001/03/29)
フランチェスカ・チアルディルカ・ベルバレスキ

商品詳細を見る


●有名になったのはやっぱ、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」からかな~
ブレアの成功から雨後の竹の子のごとくPOV方式の映画できましたね
グローバーフィールドとか、RECとか........
でも、私が一番好きなのは「ジャージ・デビルプロジェクト」かな.....

●ということでPOV方式ホラーの代表格「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」と「パラノーマル・アクティビティ」を比較しながらレビューしたいと思います。
ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版 [DVD]ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版 [DVD]
(2000/04/28)
ヘザー・ドナヒュー

商品詳細を見る


①面白いのは?~(;′Д`)!
これはブレアですね......
POV方式でも、山に入って、遭難して、何者かの影に怯えメンバーがだんだん狂って行く過程が分りやすく描かれていて引き込まれます。
パラノについては、家の中ですべて話しが進む話なので、どうにも話が広がらず分りにくい!
特に前半の何気ない日常を映した映像は苦痛でした、退屈きまわりない!

プール付きの豪邸に住みやがって!!(`◇´メ)キキキキ~!!


②どっちのヒロインが魅力的(;′Д`)?
ブレアの方は、どんな女性だったか?
カメラに向かって泣いている映像しか思い出せないな.....
でもあのシーンは印象的でした。
あとは後半の絶叫シーン、ジェイミーリー・カーティス並みのスクリーミングクィーンぶりを発揮しておりました。

方や、ケイティは、
ムッチ、ムチのムチムチですよ~(*´ρ`*)!!
悪く言えば小太り!
これは好みが分かれますね、
私的にはケイティの友人のスレンダーの女の子が好みでした。

と言うわけで引分け!

③怖いのは(;′Д`)?
ブレアも怖かった!
森の中のテントで身を寄せる男女、森の中から何者かの呻き声が聞こえる!
POVの臨場感も相まって怖さ3倍増!本当に森の中にいるかの怖さがありました。

パラノについては固定カメラで手振れの無い映像が楽しめるという点は◎。
見せ方もうまいですね、
もしも、あなたの彼女が真夜中にベットの脇に立って何時間もゆらゆらしながらあなたの姿をじっと眺めているとしたら......

怖いですよね~
あのシーンは怖かった!
あと、ラストのインパクトでパラノの勝ち!

④総合評価は(;′Д`)?
まあ、こういうのって人それぞれですが~
私の場合、
すみません、ブレアの勝ちです

●ブレアの場合、映画の他に事件を表すHPとかブレアの森について解説ビデオとか、サイド情報で盛り上げておいて映画公開という手の込んだ手法を使っていたという点も良かったですね.....
POVの臨場感という点でもブレアの方が旨く利用している感じがしました~

●まあ、パラノもホラー映画として充分及第点をあげられる作品です。
ホラーファンなら見逃せませんよ......是非見てくださいね....

最後に一言、言いたいです、

普通、寝るときは寝室のドアは閉めるだろ~(;′Д`)

【評価】
3星半:★★★☆ _(゚◇、゚;)ノ~
お勧めです.......



にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのコメント

オラわくわくしてきたぞw


チチコスの子の乳をちちくりまくったぞw
したら割れ目からすっげぇ気がいっぱい溢れてきたから、
オラの元気玉をトコトンぶっぱなしてやったぞ!!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gogogen1981.blog115.fc2.com/tb.php/110-b3c1e278

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。